#sitename { margin: 0; }

【大日本帝国】「戦争はやってみないとわからない」 精神論で葬り去られた開戦直前“日本必敗”シミュレーション★9 [みの★]

1 : みの ★2021/12/11(土) 10:22:01 ID: XmG8PUKT9.net
1941年4月、つまり太平洋戦争開戦の8ヵ月前、当時の帝国政府は「総力戦研究所」を立ち上げ、
30代前半のトップエリートが集められた。大蔵省や商工省といった省庁のキャリア官僚、陸軍省の大尉、海軍省の少佐、
さらには日本製鐵、日本郵船、日銀、同盟通信(のちの共同通信)の記者まで総勢35人。

彼らは、もし日本がアメリカと戦争をしたら、日本は勝てるのか、そのシミュレーションをした。

大蔵官僚は大蔵大臣、日銀出身者は日銀総裁、記者は情報局総裁というように、それぞれが役職に就いて「模擬内閣」をつくった。
出身の省庁や会社から、できうる限りの資料、データを持ち寄って検討していった。
侃々諤々の議論を経て出た結論は「緒戦は優勢ながら、徐々に米国との産業力、物量の差が顕在化し、
やがてソ連が参戦して、開戦から3〜4年で日本が敗れる」というものだった。

■葬り去られたシミュレーション
日米戦争継続のポイントは、「インドネシアの石油」だった。石油がほとんど出ない日本が戦艦などを動かすためには、
ここを押さえて、かつ燃料を本国まで運んでこられることが絶対条件だった。
研究所は、「石油を運ぶ商船隊が、ほどなく米軍の潜水艦の攻撃を受けるようになり、補給路は断たれる」とシミュレートした。

実際、2年後には輸送船が壊滅的な打撃を被り、翌年には全滅し、研究所のシミュレーションどおりとなった。

知性とデータを駆使した「日本必敗」のシミュレーションだったが、この結論は時の内閣に葬り去られた。

8月下旬、当時の近衛文麿内閣にこの結論が報告されるものの、陸軍大臣だった東條英機は
「君たちの言うことも分かるが、“日露”がそうだったように、戦争はやってみないと分からない」と発言する。
結局、総力戦研究所もあえなく解散する。

(全文はソースにて)



★1が立った日時:2021/12/08(水) 16:24:35.59

前スレ
【大日本帝国】「戦争はやってみないとわからない」 精神論で葬り去られた開戦直前“日本必敗”シミュレーション★8 [みの★]
11 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 10:28:04 ID: Lgvh6yVH0.net
軍需産業が儲かるだけ
投資詐欺と一緒
12 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 10:28:17 ID: p7dOSgxC0.net
やるなら徹底的にやれよ!!!

真珠湾攻撃でなぜ二次攻撃をしなかった?

港にはドラム缶が野済みされてたのにw

みすみす空母を撃ち逃すしww

やることが中途半端だから負けた。


ミッドウェイでも偵察が後手に回った!!

あの時米空母を全て沈めたら

向こう1年は向かうとこ敵なしだった!!
13 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 10:28:23 ID: 3Vqwyn9o0.net
近衛文麿首相時代だからね
間違えないように
ID: XmG8PUKT0.net
>>13 東条英機陸相が傍若無人な主戦論を掲げてた時代だな。
15 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 10:29:26 ID: 3Vqwyn9o0.net
>>2
チョン軍属がレイプしまくりでBC戦犯で処刑されまくりという悲しい事実
18 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 10:31:04 ID: uqOde61/0.net
確かにやってみらんとわからん
大東亜戦争だって戦略戦術次第だったかもしれない
27 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 10:35:35 ID: D6BxU84w0.net
やってみなきゃわからんよ
アメリカでさえベトナムやアフガンを勝てるつもりで戦って泥沼の消耗戦に陥って無駄を悟って撤退した
シミュレーションで全部想定通りいくなら誰も困らん

とはいえ、現代において先制攻撃で戦争をするメリットなんて何もないからする必要はない
29 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 10:36:35 ID: jXrTTvP10.net
勝てない理由ではなく勝つ方法を探せとか言ってそうな気しかしないwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
訳すると粗人神たる俺たちのアイデアが実現できることだけをお前ら奴隷は探せとwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
31 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 10:37:05 ID: bFiEt8K70.net
日本人は昔から一か八かが大好きだからな。
33 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 10:37:06 ID: 3Vqwyn9o0.net
>>24
近衛と陸軍はとても不仲
ただそれ以上にとんでも松岡が居て、近衛はこいつの対処だけで頭一杯と世間には思わせていたものの、実際は近衛自身がソ連とアメリカのために日米開戦以外の道を閉ざした
ID: XmG8PUKT0.net
>>33 近衛と陸軍の立ち位置をアベコベにするのも、いい加減にしろや…

日米和平を進めようとしたのが近衛首相であり、それを阻害したのが東条陸相である。
この構図は、杉山メモにおいて明確に示されている。

【参考資料】10月14日の閣議における発言(近衛内閣の総辞職の直前)


(70頁より)
近衛「日米交渉は難しいが、駐兵問題になんとか色つやをつければ外交の見込みありと思う」
東条「陸軍としては駐兵問題を譲ることはできない」

(71頁より)
近衛「戦争は心配だ」
東条「あなたは自分の身体を知り過ぎてる、相手の身体を知る必要がある。相手にも随分欠点はあるのだ」

(73頁より)
東条「米国の主張にそのまま服したら、支那事変の成果を壊滅するものだ、満州国をも危うくする、更に朝鮮統治も危うくなる」
35 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 10:38:04 ID: EG4j3VCi0.net
ゴリ押しした極悪人が居て、根負けしただろ

根負けしたのは、近衛文麿だが
あと考えてもよくわかって居ないアホな昭和天皇

ゴリ押ししたのは結局、誰と誰なんだ?
いつもここが別れる答えが

詳しいヤツは答え書いてみてくれ

極悪人
悪人ってランク付けで
ID: W6UWc5H/0.net
>>35
ゴリ押ししたのは裕仁だけ、、
すべて、昭和天皇、裕仁の幼稚な
ナポレオン願望のせいだったな、、、
終戦したら裕仁は真っ先に処刑しとくべきだった、、
38 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 10:39:14 ID: QdzyHOqE0.net
今中国と戦争して勝てる?
46 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 10:42:10 ID: XvI7+are0.net
(1)韓国人慰安婦の1人は、なぜ1日に40人もの男にサービスしなければならないのかと尋ねたために、
日本軍指揮官の命令によって、他の慰安婦の面前で、刀でたたかれ、裸にされて、
たくさんの釘の突き出た板の上を転がされ、血だらけになった後に首を切られた。

さらに、日本軍指揮官の1人は、それを見ていた人々の前で
『あなたたち全員を殺すのは、犬を殺すよりも簡単だ』と述べ、死んだ女性の死体を
煮て食べるように強要した。

(2)韓国人慰安婦の1人は、他の40人とともに蛇だらけの水溜りに入るよう命令され、
そのうち数人は、無理やり水中に押し込まれ、その後、土をかぶせて生き埋めにされた。

(3)兵士に噛み付いた新入りの慰安婦は、他の慰安婦の面前、慰安所の中庭で首を切られ、ぶつ切りにされた。

(4)激しく抵抗した慰安婦の1人は、胴体と頭を別々の馬に縛り付けられ、他の慰安婦の面前で引きちぎられて殺された。

(5)多くの慰安婦は、中国兵捕虜の頭を煮た水の残りを飲むように強要された。

(6)性病にかかり、50人の日本兵に病気を移した韓国人慰安婦の1人は、灼熱の鉄棒で膣を消毒された。

(7)性的サービスを逃れようと入浴を拒んだ慰安婦は、木に逆さに吊るされ、ライフルで殴られ、
乳首を切り取られて、最後に膣から銃で撃ち抜かれて殺害された。

(8)筆者が最近傍聴した集会にも、元慰安婦が招かれ、体験談を語ったが、その上品で温和な顔立ちの元慰安婦が、
「慰安所の天井から赤ん坊の頭で作ったモビールのような飾りが吊るされていた」
と語ったとき、会場は一瞬息を呑んだ。
72 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 11:02:40 ID: qnUS79G+0.net
対米戦争はやらなくてもよかった戦争だよ。
大統領は乗り気だがアメリカの世論が開戦を許さなかったのに、飛んで火に入る夏の虫ってこと。
負けるシミュレーション結果が出たなら何としてでもやめるべきだった。
ID: q0d1Qk990.net
>>72
政府も昭和天皇もバカだったからな
国民も負けるシミュレーションを知らないし
情報公開って大事だわ
75 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 11:12:54 ID: VM4qtQnZ0.net
本来は「必ず負けるのだから どう講和するか」を論ずべき
それを斜め下に持って行ったのが東條と聞くと納得できる
戦陣訓だって百姓ばっかりの軍隊に似非武士道持ち込んで
捕虜になることを邪魔し日本の復興が遅れるように企んだ
76 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 11:13:18 ID: YrZp1KC30.net
ムリゲーなのにやらないと仕方ないでデスマーチしちゃうみたいな日本人の思考は今日の企業文化に受け継がれているんでないかな?
ID: qnUS79G+0.net
>>76
中高の部活の精神主義が染みついているからね。
部活で無理しても怪我するくらいだけど、そのノリで経営すると、企業は倒産するし、国は滅びる。
体育会の脳筋がトップの組織は滅ぶよ。
81 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 11:14:34 ID: FuTHOOP90.net
唯一の早期講和のチャンスはシンガポール陥落時
そこを逃すとも言う無いな
88 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 11:18:27 ID: ngDPUys50.net
ハワイに行く途中の船の中でサイコロ振って最終決断した司令官とか
軍隊の部隊割り振りを能力無視で骨相学で決めてたりとか
死んだら靖国神社で神様になるとか
当時の日本帝国は政治と宗教が混ざっていた、非論理的な、いわば宗教戦争だった
103 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 11:31:11 ID: 8+D+zUPV0.net
日清戦争日露戦争でも日本不利がおおよそだったやろ。
でも勝ったしな。
ID: 8q6Iluvp0.net
>>103
日清は勝ちを確信した上での戦争で
日露は勝確では無いが勝つ為の外交努力はこれでもかとした上で始めてる
ほぼ無策で突っ込んだ昭和の戦争とは全然違う
111 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 11:41:34 ID: oHyIXbgu0.net
ソ連が条約無視して攻めてくるのまで予想出来るとか未来からきた人達なのかよ
ドイツの降伏ありきなのにそこまで完全に把握してるなんて当時でありえたのか
ID: k9lS2Rtp0.net
>>111
スパイでも放って
きちんと情報収集に努めるのが正しい
無為無策でただ相手の意思を想像で考えるのがバカ
ID: EpB5eOsq0.net
>>111
日ソ中立条約の成立3ヶ月に独ソ戦に呼応して関東軍特種演習を実施した日本が被害者面かよw

>>117
日本も原爆の開発は行ってたぞ?

>>158
強引な解釈だなw

現時点で傍受を証明する資料は存在しない
暗号解読できていたのは外交暗号であり、海軍暗号は1941年12月の段階では解読できていない
真珠湾攻撃は海軍により徹底的に秘匿が図られ、日本の外務省すら内容を知らされておらず、解読済みの外務省暗号では開戦日時や攻撃場所はそれを察知できなかった
117 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 11:47:58 ID: 5qWQ9XQV0.net
原爆を使ったアメリカの鬼畜性が異常過ぎるんだよ
ID: EpB5eOsq0.net
>>111
日ソ中立条約の成立3ヶ月に独ソ戦に呼応して関東軍特種演習を実施した日本が被害者面かよw

>>117
日本も原爆の開発は行ってたぞ?

>>158
強引な解釈だなw

現時点で傍受を証明する資料は存在しない
暗号解読できていたのは外交暗号であり、海軍暗号は1941年12月の段階では解読できていない
真珠湾攻撃は海軍により徹底的に秘匿が図られ、日本の外務省すら内容を知らされておらず、解読済みの外務省暗号では開戦日時や攻撃場所はそれを察知できなかった
122 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 12:01:49 ID: Vz+1zsAF0.net
大半の参謀が戦争反対だった

 本書の特徴は、元エリート軍人たちが仲間内という気安さもあり、「虚心坦懐に当時の記憶や思い出を語り合った」ところにある。生々しく正直な肉声が目立つ。それゆえに、評者のような門外漢が読み始めると、思わずアンダーラインを引きたくなる箇所だらけだ。それらの細部をここで紹介しても分かりにくいので、いくつかの「驚き」を記すに留めたい。
 まず戦争開始について。出席者の一人が、参謀本部の作戦課の幕僚たちの中で、反対した人は誰もいなかったのかと質問する。当事者の一人が答える。
「当初は、作戦課も大部分、反対なんです・・・若手参謀は大体、反対しておったんです。反対という意味は、戦争しても、勝つ見込みは少ないんじゃないかという観点からなんですよ」「非常な推進力になったのは、辻政信参謀と服部卓四郎作戦課長と、田中作戦部長なんです。この三人が、非常な勢いで主戦論者なんです・・・ほかの大部分は、慎重論だったんです」
 これが昭和16年7月の南部仏印進駐より前の作戦課の空気だったという。服部と辻は昭和14(1939)年、モンゴルと満州国境で日本軍がソ連軍と衝突して惨敗したノモンハン事件の責任者コンビ。いったん閑職に飛ばされたが、すぐに復活していた。半藤さんは「解説」の中で、作戦課でのこんなやりとりを紹介している。
 服部作戦課長が「好機南進」(チャンスを見て南進する)とブツ。若い参謀が反論する。「好機南進はかならず米英との戦争となる。独ソ戦の見通しもつかないうちに、日本が新たに米英を相手に戦うなど、戦理背反そのものではないか」。辻参謀が、とたんに大喝した。「課長に対して失礼なことをいうな・・・南方地域の資源は無尽蔵だ。この地域を制すれば、日本は不敗の態勢を確立しうる。米英恐るるに足りない」。
 若い参謀がなお粘る。「米英を相手に戦って、勝算があるのですか」。辻参謀が断固として語る。「戦争というのは勝ち目があるからやる、ないから止めるというものではない。今や油が絶対だ。油をとり不敗の態勢を布(し)くためには、勝敗を度外視してでも開戦にふみきらねばならぬ。いや、勝利を信じて開戦を決断するのみだ」。
139 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 12:21:16 ID: XxZAIax00.net
戦争はやってみないとわからない
就職もやってみないとわからない

何もおまいらに言ってるわけじゃないからね
140 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 12:21:38 ID: T9zsC7DD0.net
当時は植民地主義時代だったから経済制裁が強烈だったんだよね。
宗主国が植民地に、日本に資源を売るなと命令すれば日本は簡単に干上がってしまう。
譲歩しても、またどんな難癖つけられて圧力かけられるか分からないし、
譲歩しまくれば、日本が弱体化し植民地にされてしまう危険性もある。
結局、勝ち目の薄い戦争をしてでも植民地主義を終わらせることが必要だと、
当時の内閣は考えたのだろう。
ID: h3IswRkC0.net
>>140
むしろ日本は植民主義を進めた側なんですが
146 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 12:47:55 ID: DzF2JmpE0.net
アメリカの植民地を奪って
東南アジアの資源を獲得するぞーって
南部仏印進駐を断行するとかマジでキチガイだろ。

これをおかしいって思う人が、過去だけでなく
現在のネット保守派にも少ないのがショックだよ。

また同じ過ちをやると思う。
だって脳筋馬鹿だもん。
ID: ewM6PRcu0.net
>>146
昔の右翼と言えば、大東亜戦争をアジア解放の戦いとして正当化するのが定番だったが、
今の右翼には、共産主義者にハメられて日米が戦争させられたという陰謀論がかなり出回っている。

このスレにもよく出てくる、近衛が戦争を引き起こしたとか言うてるのが後者の典型だが、
こういう意見は結局、大東亜戦争をやるべきではなかったと言っているわけだから、
戦争肯定論がかなり後退してきたと感じるよ。
ID: 1fK08gSt0.net
>>146
それアメリカのイチャモン
侵攻ではなくフランスの同意の上の合法的な進駐だよ
日仏の外交なんだからアメリカが口出すのがお門違い
平和的に蒋援ルートを塞ぎつつ資源も確保できる外交上の一手であって軍事侵攻ではない
158 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 13:11:26 ID: 1fK08gSt0.net
米英、日本の軍事行動を予測、開戦誘導か ルーズベルト・チャーチル往復電報 
ID: EpB5eOsq0.net
>>111
日ソ中立条約の成立3ヶ月に独ソ戦に呼応して関東軍特種演習を実施した日本が被害者面かよw

>>117
日本も原爆の開発は行ってたぞ?

>>158
強引な解釈だなw

現時点で傍受を証明する資料は存在しない
暗号解読できていたのは外交暗号であり、海軍暗号は1941年12月の段階では解読できていない
真珠湾攻撃は海軍により徹底的に秘匿が図られ、日本の外務省すら内容を知らされておらず、解読済みの外務省暗号では開戦日時や攻撃場所はそれを察知できなかった
163 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 13:20:39 ID: cQmI0YGw0.net
>>160
そもそも当時の日本はフィリピンに侵攻する気なんてなかったしそんなこと傍受してたアメリカなら把握してたはずだが

本命は資源だよ
スズやゴムと言った重要資源の供給路を確保しつつ逆に米英に対しては資源を外交カードに出来る
本音では米が嫌がったのはそこ
ID: DzF2JmpE0.net
>>163
目標とされた大東亜共栄圏って、アメリカの植民地フィリピンだけは
除外されてるんでしたっけ?w
ID: EpB5eOsq0.net
>>163
結果的に侵攻してるだろ?
する気はなかったとかしょうもない言い訳は通用しない

>>175
1940年7月27日 大本営政府連絡会議決定
日中戦争の帰趨による時期の前後はあるにせよ、「南方」に武力行使する、英国をその相手と想定する、この為には米国との戦争も想定して準備すると明記しているが?
167 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 13:25:03 ID: /WM67eaO0.net
そういや東條はGHQにしょっぴかれる前に拳銃自殺したけど、心臓をわずかにそれたんだよな
米軍の最新治療で無理やり生き返らされたけど
やっぱ拳銃自殺はコメカミか口なんだろうな
179 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 13:34:30 ID: BhQvK9oB0.net
アメリカやソビエトよりも早く旧日本軍が核爆弾を開発していたら今頃は・・・
ID: xMBgXeRf0.net
>>179
運ぶ手段定期
184 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 13:39:01 ID: rcV5/RtE0.net
ハルノート呑むかガン無視で北進してドイツと挟撃でソ連を屠って
返す刀でナチスが英国を屈服してから
アメリカにおまえどうすんだ?って交渉が正解だったろ
195 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 13:52:41 ID: DzF2JmpE0.net
>>190
アメリカから石油の8割を輸入してる日本が、
南部仏印進駐してすぐに
フィリピン侵攻を実施するとは、さすがに思わないよ。
そのぐらいアメリカの情報局じゃなくてもわかるw

でもフィリピン侵攻の準備であることは明白じゃないか。
拠点侵攻を許したら石油確保して、次にフィリピンに軍事侵攻する気満々だろ。
まさに悲願の大東亜共栄圏の実現だ。

その時はアメリカが血を見ることになるから
重要拠点への侵攻はやめてくれと、必死になって警告してる。

露骨にフィリピンを視野に入れるとか、ヤバいやつでしかない。
フィリピンを侵攻のための拠点侵攻時に
アメリカの日本への世論が、決してしまった。

当たり前すぎる普通の反応。
ID: ewM6PRcu0.net
>>195 仏印進駐がどうして、フィリピン侵攻の明白な準備だと思えるのかわからんが?
196 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 13:54:01 ID: OMBP9cL50.net
ルーズベルトは対独参戦したくてしたくてたまらなかったが
英国が敗戦寸前まで追い詰められても出来なかった
米国の世論が反戦厭戦で固まっていたからだ

日本が直接的に米国を攻撃しなかったら
経済制裁はあっても戦争は無かっただろう
199 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 13:57:30 ID: yF14US+c0.net
アメリカは実質的にイギリスを応援して
ドイツと戦争してたのに、
なぜモンロー宣言に固執して、戦争に形の
上では加わってないふりを装い続けたんだろう?
202 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 14:00:26 ID: XoOP4Ug50.net
ドイツ軍は勝ってしまう可能性があったけど、日本軍ははじめから勝つ可能性などないとアメリカ軍に分析されていたので、まずドイツ軍をなんとかする欧州ファーストが連合軍の基本戦略。ドイツ軍をなんとかすれば、日本軍に勝ち目はそもそもまったくないと考えられていた
実際アメリカが日本打倒に費やした資源は25%に過ぎず残る75%は欧州にむけられた
ID: JF1pfMOi0.net
>>202
大陸の陸戦と島つたいの海戦の差でしかねーよ。その差。

太平洋戦線でも本土上陸作戦までやって
全国の首都都市制圧、東京占拠、国会議事堂に星条旗をあげるまで戦っていたら
太平洋戦線の方が欧州より軍事資源が必要になったやろね。
210 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 14:06:20 ID: 6YySzgKK0.net
>>151
大体史実ルートがベストだよなw
高度経済成長期かバブル期辺りまでは史実ルートが良い


歴史を改変するとなると最短でも戦国時代まで戻って
フィリピンやオーストラリア大陸や北米まで進出するしかないwww
ID: 5qxLTY1D0.net
>>210
秀吉が満州族と和平して明を滅ぼしていれば面白かった

あと、日露戦争でアメリカ金融とコネがあったのだから
満州利権は交渉の余地はあった
211 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 14:06:39 ID: XoOP4Ug50.net
アジアを解放したとする人種間戦争は戦争中の陸軍自身が否定してるよ
「陸軍は軍事作戦面での必要性を重視するとともにインドシナで協力関係にあるヴィシーフランスを敵とすることで「白色人種対日本」の「人種戦争」に陥ることを危惧し
植民地支配を温存する現状維持を主張していた」
215 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 14:10:47 ID: h3IswRkC0.net
>>190
あなたがいくら否定しても南部仏印進駐の目的が軍事的なものである以上
ただの外交と言い張っても無意味なことに気づこう
230 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 14:16:57 ID: cQmI0YGw0.net
そもそもだが当時の不戦条約では経済封鎖もれっきとした戦争行為に該当する
ABCD包囲網による経済封鎖が完成した時点で既にアメリカが戦争を仕掛けていたってことだ
米国による英国中国への軍事支援も国際法違反だし
ID: K7ChUJwx0.net
>>230
残念ながら侵略国に対する経済制裁を国際連盟の機能に取り込んだのは常任理事国時代の日本
アメリカは日本の作ったルールを日本に適用しただけ
234 : ニューノーマルの名無しさん2021/12/11(土) 14:18:38 ID: JF1pfMOi0.net
>>214
そうだよ、上陸作戦の難しさを理解していたから
真っ先に大陸の陸戦にメインを送ったんだよ。

太平洋戦争では沖縄くらいであとは小規模でしか起きていない。
日本本土への上陸戦になっていたら相当の資源を投入することが理解できていたから
ソ連に参戦をうながしたり原爆を使用したりしたわけだ。

引用元:https://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1639185721/l1000